インスペクション

2019.01.04 08:00
売却のご依頼をいただいている宮城県内の中古土地建物物件のインスペクションを行いました。
インスペクションとは既存住宅を対象に、構造の安全性や劣化の状況を把握するために行なう検査・調査を言い、
目視等を中心とした現況把握のための検査、耐震診断等の破壊調査を含めた詳細な調査、性能向上等のための調査など、目的に応じて異なった内容で実施されるものです。
また、宅地建物取引業法に基づき、宅建業者は、1)既存住宅の媒介契約に当たって交付する書面に、建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を記載しなければならず、2)重要事項説明に当たって、建物状況調査に実施の有無及びその結果の概要を説明しなければならないとされており、売買後の無用なトラブルを避けるために売主様よりご依頼をいただき実施いたしました。
私たち不動産業のプロとして法令を遵守し、売主様、買主様双方に喜んでいただける取引を目指します。物件活用の提案からリノべーション、売却まで全てワンストップで行います。 不動産の購入、売却、賃貸。そして農泊・民泊等のシェアリングエコノミーについても我々にご相談ください。
不動産に関する総合サイト「アヅカル」もご覧ください。関連動画