住宅宿泊管理事業者

2018.12.05 08:00
住宅宿泊事業法では、民泊ホストのうち届出住宅の居室が5つを超える場合、あるいは不在型で民泊を行う場合、住宅宿泊管理業務を住宅宿泊管理事業者への委託が必要になります。私たちは平成30年6月15日施行の住宅宿泊事業法において一定以上の条件で事業を行う者が委託が義務づけられた住宅宿泊管理事業者登録を日本で22番目に認められました。現在は多くの事業者様の運用のお手伝いをさせていただいております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。