住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく届出件数と受理件数を公表

2018.11.05 08:00
観光庁はこのほど、10月12日時点の住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく届出件数と受理件数を公表し、民泊届出件数が10,270件(民泊受理件数:8,759件)に達したことを明らかにしました。
同法施行の6月15日時点では民泊届出件数が3,728件、民泊受理件数が2,210件となっていたが、約4か月で届出件数は2.7倍、受理件数は3.9倍にまで増えています。
私たちが管理する登録物件も順調に増えており、空き家の有効活用とインバウンド需要の取り込み、新たな雇用創出による高齢者、障害者の役割創出も進んでおります。今後も参加する蔵王福祉の森構想の理念に基づいてまちづくりに貢献していきます。開発事業本部
関連動画