シェアリングエコノミーと働き方改革

2018.10.07 08:00
諸外国に比べ法規制が厳しく「シェアリングエコノミー後進国」といわれる日本ですが、2018年6月の民泊解禁によってその市場が急激に成長しようとしています。
空いているモノや場所や時間を「提供できる人」が「必要とする人」と「共有」するというスタイルは、遊休資産を有効活用でき安価なコストで収益を得られる画期的な方法です。特に中間層などの労働世代にとって最適のサービスであり、また働き方であるといえるかもしれません。働き方改革が推進されるなか、日本でも副業を認める法律などが整えば、シェアリングエコノミーはそれを支える柱となるといっても過言でないでしょう。

シェアリングエコノミーの普及によって日本人の働き方はどう変わるのか、またそれを実現するために解決すべき課題は何か…。
私たちはシェアリングエコノミーの普及を通じて地方創成を目指しております。関連記事
開発事業本部